横向き寝専用枕YOKONE(★★★☆☆)

リニューアルした横向き寝専用枕「YOKONE2」はどこが変わったの?新旧比較してみました。

更新日:

いびきを軽減したり、疲れが取れやすいことでメディアで注目されている横向き寝。

そんな横向き寝のための枕、YOKONEもテレビや新聞などで紹介される話題の枕でした。

しかし、以前のYOKONEは高さが合わなくて首が痛くなってしまったり、仰向け寝になれた私にはどうもイマイチな枕となってしまっていました。

ですが、2月にYOKONE2というYOKONEの改良版が予約受付開始となりました!

YOKONE2は私が一番イマイチに感じた高さの調整が出来る枕となっています。

他にも色々と改良されたそうなので、この記事で新旧比較をしていきますね。

YOKONE⇒YOKONE2へリニューアル!改良点まとめ

YOKONE2は3段階の高さ調整が可能!

改良前のYOKONEは高さ調整が出来ず、もともとの形で高さが合わなければ使えない枕でした。

写真は以前のYOKONEなのですが、中身はコレだけしか入っていないので、この形が合わなければどうすることも出来なかったんです。

しかし、改良されたYOKONE2は高さ調整が出来るように厚みの事なる高さ調整用のリラックスウレタンが入っています。

自分の体型に合った高さが選べるようになったので、高さで合う合わないを感じずに済むのは嬉しいですね。

YOKONE2は上半分が羽のある形状だから使用パターンが増えました!

YOKONEは今までハート型のような形でしたが、上半分が羽のある形状になり、自分の体形や気分、使用時の寝姿勢に合わせて上下を変えて使うことが出来るようになりました。

枕の下半分は低めなので、私のように高めの枕が苦手な人にぴったりです。

逆に上半分を使えば高めの枕にすることができます。

他に羽の部分が良い感じに腕を支えてくれて、このような姿勢で読書をしたりスマホを弄ったりもしやすくなりました。

YOKONE2の枕カバーは冷感素材に!安眠しやすくなった!

安眠の為には「頭寒足熱」という言葉があるように、頭を冷やして足を温めることが大切です。

なのでYOKONE2の枕カバーは冷感素材にしたことによって、頭を冷やして質の高い睡眠を促してくれます。

しかし、首元まで冷やしてしまうと安眠は勿論、身体にも良くないので、首元は肌触りのよい首元を冷やさない素材を使っています。

だから首の当たる箇所はカバーの色が違っているんですね。

YOKONE2は注文時に枕の硬さが選べます!

YOKONE2は購入する時に硬めか柔らかめか好きな方を選べるようになりました。

今までのYOKONEは硬めでしたが、柔らかい枕が好きな人は柔らかめを選べるようになったのです。

YOKONE2にリニューアルして価格も値上げ

YOKONE2は改良ポイントが沢山あり、以前よりもこだわりのある上質な枕になりました。

そのため、値段も上がっています。

以前のYOKONEは15,800円+送料でしたが、YOKONE2は19,440円(送料無料)になりました。

それでも人気のようで予約殺到中だそうです。

[btn class="simple big"]横向き寝専用枕YOKONEの公式サイト[/btn]

-横向き寝専用枕YOKONE(★★★☆☆)
-

Copyright© 朝起きると首が痛い , 2018 All Rights Reserved.