快眠できる寝姿勢

うつ伏せ寝のメリット・デメリット

更新日:

うつ伏せ寝

仰向け寝・横向け寝の寝姿勢に比べてデメリットの方が多いうつ伏せ寝。

ですが動物はみんなお腹を下にして眠りについていますから、実はうつ伏せ寝の方が良いんじゃないか?と言う声も。

うつ伏せ寝のなにが悪いのか、良い部分はあるのか、うつ伏せ寝のメリット・デメリットをまとめてみました。

またうつ伏せ寝がしやすい枕を見つけたのでデメリットを見てもうつ伏せ寝がしたい方は是非参考にしてみてください。

うつ伏せ寝のメリット

うつ伏せ寝は気道がしっかり確保される寝姿勢

仰向けの場合は重力で舌が気道に入りやすく呼吸がしにくくなります。

うつ伏せ寝の場合は舌での圧迫がなくなる分、気道が確保できて、いびきや睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる方はうってつけの寝姿勢と言えます。

また、呼吸が深くなるため、リラックス効果が高まり、睡眠の質がよくなるとも言われています。

貧血ぎみだったり、呼吸器が弱っている方はうつ伏せ寝になりやすいんだそうです。

うつ伏せ寝は腰痛が気になる時に楽な寝姿勢

仰向き寝の場合は背中が下になるので背骨やその周囲にある太い血管や神経が体重によって圧迫されたり、腰と布団の間に隙間が出来やすいことから腰痛になりやすい寝姿勢でもあります。

ですがうつ伏せ寝の場合はお腹が下になるので腰痛が気になる時には楽な寝姿勢になります。

うつ伏せ寝のデメリット

うつ伏せ寝は心臓病、高血圧、脳血栓の方には危ない

うつ伏せ寝は胸部を圧迫してしまう寝姿勢なので、心臓に負担が掛かってしまいます。

他にも肋骨やお腹、横隔膜などを圧迫して呼吸や血流の流れに影響を及ぼしてしまう危険性があります。

特に心臓病・高血圧・脳血栓の方は命の危険につながるケースもあるので危ない寝姿勢なんです。

乳幼児に関しても、仰向け寝に比べてうつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が高まるというデータも出ています。

うつ伏せ寝で全身の骨格が歪んでしまう

うつ伏せ寝は腰を反らせ過ぎる状態になるので腰に負担を掛けてしまいますし、骨盤のゆがみも引き起こしてO脚にもなってしまいます。

特に女性は胸に乳腺提靭帯があるので、ここに負担を掛けてしまうと胸が垂れやすくなってしまったり、型崩れを起こす原因となってしまうことも。

うつ伏せ寝で首を傷めてしまう

うつ伏せ寝をする場合、首を左右に曲げるため、寝違えなどを起こしやすくなってしまいます。

よくデスクの上で寝る時、うつ伏せ寝で首を左右どちらかに曲げることになりますが、短時間でも首を痛めていたりしませんか?

長時間になると病院に行って治してもらわないとダメなくらい首が曲がって動かないなんて状態にもなってしまうので危険です。

また、枕が合わないので自分の腕を枕にする事で腕の血流が滞り、痺れてしまう事も。

うつ伏せ寝はどちらかと言えば危険な寝姿勢と言えそうです。

うつ伏せ寝がしやすい枕を見つけました

うつ伏せ寝をしていると、うつ伏せ寝がしやすい枕ってないのかな~と思いますよね。

私もマッサージなどを受けに行く時うつ伏せ寝の楽さに心地よさを感じて、顔の部分だけ穴のあいたベッドはないのかな、と思ったりもします。

うつ伏せ寝って確かに楽な時があるけど、枕が呼吸の妨げになったり、だからと言って枕がないと額や顎に負担が掛かって痛いこともあります。

そういうこともあって私は確かに楽だけどうつ伏せ寝はしにくいと感じていたのですが、なんと、うつ伏せ寝がしやすい枕を発見してしまいました。

それが写真のスリーパードクターズピローです。

これ、首の部分がカーブになっているのですが、そのおかげで額を枕に乗せてても口元は開いているから呼吸がしやすいんです。

また頭部は柔らかいけど沈み込み過ぎない低反発素材なので柔らかくて額に体重が掛かって負担を感じる事もありません。

さらに肩を支える部分も胸元を優しく支えてくれるので胸のつっかえもなく、最高の寝心地を感じられるうつ伏せ寝が出来ます。

勿論、仰向け寝や横向け寝もしやすい枕なので、うつ伏せ寝から仰向け寝や横向き寝に寝姿勢を変えていきたいと言う方にもおススメです。

慣れない仰向け寝や横向き寝で疲れてきたら今日はうつ伏せ寝…ということも出来ます。

[btn class="simple big"]スリーパードクターズピローの公式サイト[/btn]

-快眠できる寝姿勢
-,

Copyright© 朝起きると首が痛い , 2018 All Rights Reserved.