横向き寝、うつ伏せ寝など、様々な寝姿勢がありますが、その中でも仰向き寝は一番理想的な寝姿勢と有名ですよね。

何故、仰向き寝が良いのか、仰向き寝でも悪いところはあるのか、メリットとデメリットをまとめてみました。

さらに、仰向け寝が自然とできるようになるにはどうすればいいのか、私の実体験も加えて紹介したいと思います。

仰向け寝のメリット

仰向け寝は血液が全身に巡りやすくなる

仰向け寝は身体にいちばん開放感を与えてくれる寝方です。

この寝姿勢であれば血液が滞ることなく、全身に巡りやすいので血栓ができにくくなります。

また、全身に血が巡りやすくなる事によって冷えを感じにくく、熟睡しやすくなります。

さらに手足を広げて寝れば(大の字)放熱がスムーズに出来、深部体温が下がって寝付きがよくなります。

だから大の字で寝ると良いと言われていたんですね。

仰向け寝にすると姿勢が良くなる

仰向け寝は全身への負荷が均等になる姿勢なので身体の一部に負担が掛かりません。

なので身体が歪みにくく、姿勢が良くなって猫背などを防ぐことが出来ます。

仰向けは呼吸がしやすい

仰向け寝になると肺やお腹が上になるので楽に呼吸が出来ます。

また呼吸も深くなるのでリラックス効果もあり、疲れが取れやすくなります。

仰向け寝のデメリット

仰向け寝で口を開けた状態で寝るといびきや睡眠時無呼吸症候群になってしまう

仰向け寝は基本的に理想の寝姿勢ですが、口を開けたまま眠ってしまうと舌がのどに起きて気道を圧迫してしまいます。

その結果、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になってしまいます。

他にもウイルスが喉に入りやすくなり、風邪を引いてしまう事もあります。

仰向け寝は枕の影響を受けやすい

仰向け寝で寝心地が悪く感じるのは頭の形が枕にフィットしていないことだと言えます。

通常の枕を使うと頭が不安定になりがちで落ち着かず、眠りの妨げになってしまうのです。

一時期、低反発枕が流行りましたが、それは仰向け寝でも頭が安定したから寝心地の良さを感じられたからなんです。

しかし低反発枕は頭の沈み込みが原因で寝返りが打ちにくくなり、首コリや肩コリ、血液の巡りが悪くなるなど、本来仰向け寝のメリットが無意味なものとなってしまっていました。

他にも低すぎる枕は首が浮いて傷めてしまいますし、高すぎる枕を使うと首がつっかえて呼吸がしにくくなってしまいます。

なので、仰向け寝は他の寝姿勢よりも枕の影響を受けやすく、良い枕を選ばなければなりません。

仰向け寝になるためにはどうすれば良い?

仰向け寝のメリットとデメリットを見て、仰向け寝で寝られるようになりたいと思えたのではないでしょうか?

しかし、多くの人は仰向け寝をしたくても横向き寝やうつ伏せ寝の方が楽に感じてしまうようです。

その原因って、首が宙に浮いてしまったり、後頭部の出っ張った部分だけに負担が掛かってしまったり、頭が不安定になっているような感じがするからじゃないですか?

横向き寝やうつ伏せだと頭が安定するから楽に感じるんです。

つまり、仰向け寝でも頭が安定していると感じられれば楽になるんです。

そこで重要になってくるのが、枕なんですね~!

仰向け寝が出来なかった私も枕を見直したことで自然と仰向け寝になりました!

私は以前横向き寝で、それが原因で顎に負担が掛かり、左側が顎関節症になってしまいました。

歯医者さんで仰向け寝になるよう指導されたのですが、ずっと横向き寝でいた私にとって仰向け寝は苦痛の寝姿勢でした。

仰向け寝をすると、首が浮いたように感じたり、頭の出っ張った部分だけに力が掛かっているような気がして寝心地が悪かったのです。

なので指導されたにも関わらず、結局横向き寝で寝ていることが多かったのです。

ですが、仰向け寝がしやすいように首や頭の形に合わせて支えてくれる枕を使うようになってから、仰向け寝が自然と出来るようになりました。

この枕は私が2年前に整体師におすすめしてもらっためりーさんの高反発枕という、首のカーブや頭の丸みに合わせた形状をしている寝返りの打ちやすい反発力に優れた枕です。

写真のようにめりーさんの高反発枕で仰向け寝をすると頭が安定しているのがわかるかと思います。

この枕にしてから仰向け寝が自然と出来るようになり、また横向き寝も重心が真っ直ぐになるように考えられているので寝返りで寝姿勢が変わっても疲れにくく、肩コリや首コリも緩和されました。

仰向け寝を目指すのであれば、このように頭をしっかり支えてくれる枕を選ぶことが大切です。

ですが、低反発枕の様に頭を沈み込ませてフィットするような枕にしてしまうと寝返りが打ちにくく、肩コリや腰痛の原因になってしまうので、寝返りが打ちやすいものを選ぶようにしましょう。